世界の子どもワクチン支援

世界中の子どもたちを脅かす感染症から子どもたちを守る

  • ラオスの子どもたち

    ポリオ、はしか、結核、ジフテリア、百日咳、破傷風を六大感染症と言いますが、日本では発症例が少ないことから、なじみの薄い病気ですが、予防接種率の低い発展途上国などではいまだ脅威の存在です。

    地域の皆様にもご協力いただきたく、NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(JCV)様の寄付窓口を設けております。

なぜキャップでワクチンの寄付ができるの?

はじめに誤解しないでいただきたいのですが、ペットボトルのキャップが直接ワクチンの原料になるわけではありません。

皆様より回収したペットボトルのキャップを再生樹脂原料として樹脂メーカーに売却した際の収益が寄付金となります。
600個のキャップで20円のポリオワクチン1個分の寄付ができます。

キャップからワクチンへの流れ

回収報告

皆様より回収させていただいたキャップの回収報告を掲載いたします。
回収報告は月2回、集計期間中に複数回の回収があった場合は直近の日付で合計値を掲載いたします。

平成30年度7月回収報告書(平成30年7月16日~31日分) (PDFファイル 167KB)
平成30年度7月回収報告書(平成30年7月1日~15日分) (PDFファイル 161KB)

こちらに掲載されているデータは最新、準最新のものです。
過去の回収データは書庫にございます。

「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」より寄付金受領書が届きました。

平成30年度4月・5月回収分寄付金受領書(PDFファイル 68KB)
平成29年度2月・3月回収分寄付金受領書(PDFファイル 67KB)

過去の受領書は書庫にございます。

※報告書の閲覧にはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は下のボタンよりダウンロードしてください。